なっちゃんとの京都 中編 (3)

なっちゃんとの京都 中編

京都2日目の始まりだ。一泊二日の旅程であったので2日目の今日は帰る日である。

まず銀閣寺に行った。緑が奇麗で癒された。こんなに癒されるとは思わなかった。外人(たぶんアメリカ人)が二人でいるところを撮ろうか?と声をかけてくれたので撮ってもらった。いま見ても顔が疲れている。いや、たぶん帰路が怖かったんだと思う。

帰りの新幹線には乗れると言ったものの、怖かった。彼女は翌日は仕事だから、乗れなければ自分だけ京都に残るのかなとか考えたり思ったりしていた。銀閣寺にはそれなりに人がいたが、それは苦ではなかった。

だが、二人とも足の疲れがきていた。休むペースが多くなっていた。食べ歩く感じでなくお店で足を休めた。

蹴上駅から地下鉄に乗ることになった。心配されたが大丈夫だった。(1日目も乗れたのかもしれない)

次に八坂神社に向かった。二人でお参りをした後に、なっちゃんが「お守り買ってくる」と言ってお守りを買って戻ってきた。「頑張って勝って!」と勝守を渡してくれた。自分に病気に勝てという意味だったと思う。いまでも大切に鞄に入れてある。嬉しかった。

実はなっちゃんは付き合いだして少ししてから仕事が合わず、うつ状態になり退社して休養をしながらアルバイトをしていた。少しでなくたくさん僕の気持ちを分かってくれていた。

八坂神社の近くのカフェでパフェを食べた。美味しかった。しかしながら、だいぶ疲れていた、二人とも。その近くでお土産を買ったりもした。美味しい梅干を買った。

日が落ちてきた。僕は昔から日没が嫌いだ。なんだかパニック障害のくるタイミングとリンクしてしまうことがある。孤独になったような気がしてしまうのだ。「早めに駅のホームに行こう」と言ったような気がする。心配性な自分は早めの行動をしていた。こういった癖というかそういうところがパニック障害になりやすいんだと思う。

彼女は新幹線のホームで「大丈夫じゃないでしょ?」と言ってきた。「無理しないで良いから」とも。僕はパニック発作が出た場合の対処方法を伝えた。指定の新幹線が到着した。ベンチに腰を掛けたまま首を横に振って「ごめん、乗れない」と伝えた。なっちゃんはスマホでパニック障害について調べてくれていたのか、「もう改札出よう」とリードしてくれた。

改札を出て「少し外の空気を吸いたい」と伝えた。僕は新幹線が好きで、500系も700系もデビュー日に乗車したほどだったのでホームの感じなどは好きだった。でもそれはパニック障害になってからは違った。この日は怖いものにしか感じなかった。新幹線が通過する音も不快だった。まさかそんな日が来るとは思っていなかった。道を塞がれた気持ちになった。皮肉なものである。

なっちゃんが「夜行バスもあるし、心配しなくて大丈夫だから!笑」と落ち込む自分に優しくしてくれた。でも「乗れないと思う」と言ったら「それならもう一泊しようよ、京都二泊三日でラッキー!って思えば良くない?」と機転をくれた。今日帰らなければならないという思考回路がパニック障害には良くない。「どこでも泊まれるところなんてあるから心配しないで」と言われた。すぐにホテルを探した。何年も前に元カノと泊まったことのあるホテルが見つかった。すぐに予約した。全てが怖く感じているその時点で安心するには過去の成功経験が役に立つ。

「予約できたからバス乗ろう」と言った気がする。京都タワーを背景になっちゃんが写真を撮ってくれた。なっちゃんが1日目と違う人に感じた。悪い意味でない、良い意味でだ。「バス大丈夫だったね!無理しなくていいからね!」と言ってくれた。

ホテルに着いて一安心した。ただ朝の時点でホテルから荷物を宅急便で送ってしまったので下着などが無かった。なっちゃんも持病持ちなので僕は常に彼女と3日は過ごせるだけの薬を携帯していたからたまには役に立つ心配性である。なっちゃんが「下着はコンビニにあるから大丈夫だよ?」と言った。僕にはすんなり理解できなかったが、なっちゃんはドジなので旅に忘れ物など当たり前だったのだ。

二人でセブンイレブンに買い出しだ。なっちゃんは真剣に選んでいる。僕も自分の必要なものを選んだ。あと夕飯を食べていなかったので二人で選んで買った。夜の街を出歩いてる感じが新鮮だった、少し楽しかった。部屋に戻って明日はレンタカーで下道で帰ると決めた。

そのあとに鍵の音がダメな事に気が付いた。新幹線での鍵というフラッシュバックだった。なっちゃんに「トイレもお風呂も施錠しないで」と素直に頼んだ。

少し早めに就寝した

なっちゃんとの京都 前編 (2)

なっちゃんとの京都 前編

京都に着いてからは、まずホテルに向かった。荷物を置いてレンタカーを返却するつもりだったがホテルがアーリーチェックインで対応してくれたので少し休憩することにした。

外資系ホテルだったので外人が多かった。そんな事はどうでもいいか・・・。まず無事に着けて良かったと思った。あと部屋が広く天井が高かったのも良かった。(閉所も苦手なので広い部屋にしておいた!が正だ)

このときのなっちゃんとの会話はあまり覚えていない。極度の緊張と安定剤が効いていたのだろう。では京都駅に車を返却しようと休憩は1時間ぐらいして出発した。任天堂本社を見て走ったのを覚えている。走りやすい感じがした。なっちゃんは「本当に大丈夫?」という顔をしていた。

レンタカーを返却してから二人でミーティングになった。今日は地下鉄も乗れなさそうと伝えた。なっちゃんは「良いよ、歩いて行こう」と言ってくれた。いま、思い返すだけでも涙が出る。私は嫌だって言われるかと思ったりしていた。信じてなかった訳ではない。自分に自信がなかったのだ。

お店に寄ったり3時間半は歩いたと思う。途中でうどん屋さんに入ったのだけれどとても上品な味だった。和菓子屋さんで団子も買ったりした。鴨川で写真を撮ってもらったりもした。今でも大事に取ってある。

何だかんだで夜になり、ホテルに戻った。なっちゃんが「明日行くところ決めてあげる!」と元気に言ってくれた。僕は疲れ切っていた。ホテルから近いところが良かったのと、地下鉄に乗りたくなかった。大まかにプランを作ってくれて、それで行こうとなった。でもやはり地下鉄には乗らないといけなかったのだ。

次へ続く

なっちゃんとのお付き合い (1)

なっちゃんとのお付き合い

これは実話です

なっちゃんとは偶然の偶然で出会った

トントン拍子で付き合う事になった。以前から知っていたかのように

これほど人を愛したことは無かった。これほど愛されたことも無かった

とても鈍臭くてそれが可愛らしかった

この人と結婚するんだと思っていた

付き合いだして少し経って、京都に行く事になった時のことである。朝は何度も電話をしないと起きなかった。イライラしていたのを今でも覚えている。タクシーで迎えに行ったがなかなか家から出てこなかった。何だかんだ駅に着いて朝ごはんにパンとコーヒーを買った。

彼女はとてもウキウキしていた、でも僕は少し不安を感じていた。パニック障害が彼女の前で出てしまわないかということを

新幹線が到着して乗り込んだ。久しぶりに乗ったので進化したなぁなんて思っていた。行き先を決めようと話していたんだが全然進まない。周りの声もうるさいと感じていた。

どうにもイライラしたのでトイレに行ってくると言ってトイレに入った。そこで予期せぬ事が起こった。解鍵をすんなり出来ず閉じ込められたと思った途端にパニック障害の恐怖が襲ってきた。何とか冷静になって解鍵して出た。その時もう心臓はバクバクだったのと駅に停車していたので荷物をすっ取って新幹線から降りた。彼女には携帯電話に電話をして今すぐ降りてと言った。駅員さんに止められたが少し待って!と彼女が走って降りてきた

「ごめん」パニック障害の発作が出たと伝えた。彼女は素人な訳で対処法など知らないから「大丈夫?」と優しく言ってくれた。

ここで一つパニック障害が起きている人やパニック障害の人に言って良くない言葉「大丈夫?」であることを記しておく。子供を扱うように「大丈夫だよ」「もうすぐ良くなるからね」なんて風に扱われた方が本当は楽にな

さて次に何に乗ろうとなった時に鈍行を提案してくれた。ホームには行ってみたが乗れなかった。これほど怖く感じるとは思わなかった。あちゃーとなったのだが、一つだけ思いついたのがレンタカーだった。それも現地で乗り捨てできるプランで

レンタカー窓口で手続きを済ませて、いざ京都へ。この時点で安定剤を飲んでいたのでもう大丈夫と自分へ言い聞かせた。隣に好きな人がいるという事はとてもパワーになる

ここで振り返ると、僕はなっちゃんの前で発作が出てはいけないという勝手な思い込みにとらわれて自分を見失っていた。彼女の事を信頼していたのだが純度が100だったというわけではなかったのかも知れない。猜疑心が強い自分は彼女に身を任せておけなかったのだろう。振り返ると先にパニック障害が出た時の対処法を言っておけば良かったと後悔している。

さてしばらくは一般道を走ったが大丈夫だと判断して高速道路を使って無事に京都に到着した